CREATE ACCOUNT

FORGOT YOUR DETAILS?

『真の教育者は、あなたをあなたらしく解放することができる人』

by / 木曜日, 02 1月 2014 / Published in 私からのメッセージ

『真の教育者とは、
あなたをあなたらしく解放することができる人のこと』

 


僕は企業で社員研修を企画したり実施・運営する仕事を18年間、生業(なりわい)にしているが、自分を「教育者」だとは思わないし、思いたくなくと思い続けてきた。

理由は、自分は教え育てることが一番とは思わないからだ。教えられたことは、やがては陳腐化するし、形骸化していくことが多いし、忘れることだってある。
それに、そもそも教育等とは「おこがま
しい」と思ってしまうからだ。


元来、自分は事業家を目指したいし、事業を生み出すことが好きだから教育者とか先生にはなりたくない。
もし、企業で教えると言
うことをしているなら、自分の人生観や価値観、経験値、信念といったことを伝えることはある。
さらに、敢えて言えと言うなら、「
気づき」を生む方法を教えることくらいだろうと思う。


人は気づくとどうなるか・・・


長い間、考え続け、やり続け、身に付けようとすることは誰もが経験しているのでわかりやすいだろう。
ガテンがいく、納得できると
言う状態を作ってくれるので、すぐに自分のものにできるとも言える。


しかし、日本で教育を受けたもののほとんどは、長期間に渡って教えられ続けているので、すぐに答えを知りたがる傾向にある。
考え
ることもしないし、アイデアを練ることもしない、議論することすらほとんどない。

因みに私はパイロットになりたくてアメリカへ留学したことはあるが、義務教育から大学までは日本で教育を受けただけ
である。外国での就学経験はない。


このように一般的な日本教育の環境には、創造的な解決策が生まれる能力を育むことはほとんどなかった。
多くの企業にお邪魔
しても痛烈に思うことである。研修を行っていて答え、しかも正解を求めるものが後を絶たない。

仕事をするとわかるが、ビジネスに「正解」などというものはない。

そして、「気づく」過程でとても重要なことがある。


それは、自分は本当は誰なのか、自分の本当の考えは何か、自分が心の底から欲しいと願っていることは何か等と
言った「本質(コ
ア)」の扉を開放することである。

つまり、この扉を開放できたとき、自分を解放できるのである。自分をリリース(解き放つ)することができたとき、
自分らしさを取
り戻し、自分らしさに気づき、自分らしさを発見するようである

これまで、6万人超の企業人と共に接してきてわかったことである。

 

では、

どうすれば自分を解放できるのか!

 

この扉の開放を手伝うのが、私の役目(ミッション)であると思っている。
【遠隔教育TVシステム   http://第二次脳内革命.tv/

 

私の研修は、そこらの研修とは異なる……


プレゼンス・モチベーター野口秀一

⑧_1

 

コメントを残す

You must be logged in to post a comment.

TOP