CREATE ACCOUNT

FORGOT YOUR DETAILS?

『伝えるにはコツがある。力ずくでは伝わらない』

by / 金曜日, 03 1月 2014 / Published in スキルセッティング・プログラム

『伝えるにはコツがある。力ずくでは伝わらない』

 

人に「何かを伝えると言う状況」は、誰でもありえることだと思う。仕事はもとより、毎日の生活の中ではよくあること。

しかし、どうしても伝えたいのであれば、コツを知る必要がある。すでに、色々な人が言っているし、書籍にも書かれて
いることなの
で、ご存知のことと思うが、

大事なポイントは「伝えたいことを伝えようとするのではなく、伝わった後に得られるメリットを伝えること」なのだそうだ。
確かに聞き手が得られることを伝えなければ、受け入れようとしないことがわかる。

 

さらに言えば、「新しいこと」として伝えようとしないことなのだそうだ。つまり、人は知らなかったことを聞くと劣等感を
覚えたり
、尊厳を傷つけられたりするから、まともに受け取ろうとしないのだ。身に覚えがあるかもしれない。

よく、会話をしていると、「知ってますか?」を連発する人がいるが、知っているかどうかを相手に委ねるのは自尊心を
深く傷つける
ことがある。「わかります?」も同様だ。ちょっとした気遣いで解消できるなら即刻、修正すべき!

 

このコツを知って実行しているかどうかで「コミュニケーションの質」は大幅に変わってくる。共同で仕事をする場合は
その成果結果
にさえ大きく関わってくると言える。

 

コミュニケーションと言うと、さもわかっているかのように思いがちであるが、結構、自分自身はできていないもの。
コミュニケーショ
ンの良し悪しが仕事や人生の生産性を決定づけると言われている。

 

伝えるコツは2つ。
「受け入れるメリットを伝える」「すでに知っていることとして伝える」
僭越だが、このメッセージの書き出
しをご覧願いたい。参考になれば幸い。

 

プレゼンス・モチベーター野口秀一
次代の遠隔型教育システム_第二次脳内革命.tv

 

図2

 

コメントを残す

You must be logged in to post a comment.

TOP