CREATE ACCOUNT

FORGOT YOUR DETAILS?

“自分の本心に従って仕事をしている”と言えるか!

▼▼▼

あなたは、今、「本気」で仕事に取り組んでいるといえるだろうか?
本気の仕事とは、“本心に従って仕事をしているか”という事だ。

自分の本心に正直に従えたとき、人は価値のある「いい仕事」ができるものだ。

本心に従った仕事は、付加価値を高めるだけではなく、自らの達成感ややりがい
にも密接な関わりを持つこととなる。

その「本気度合」が、そのまま「人としての在り方と生き方」に反映されると言っても
過言ではない。仕事に対する在り方は、クライアントはお見通しのはずだ。

受講風景③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事とは、人生において「生きる」事に値する』                                                                              

仕事=お金を稼ぐ事。と割り切っている人は多くいるが彼らは決まって、自分が何をイフェクト③
やりたいのかが全然理解出来ていない。

そして、そう言う人こそ、お金を稼ぐ事が出来ないでいるのが実態だ。

もちろん、人生はお金だけではない。

しかし、「価値ある仕事」はやがて「対価」になることも事実である。
一方、自分の欲望や願望に素直に従って行動し、貪欲なまでにワガママな人の方が
お金を稼いでいる人が多いことはご承知だろうか。もちろん、他人に迷惑をかけるワガママは論外だ。
個々に強いメッセージを放つことで影響力を発揮し、その情熱と魅力ある力に求心されて人が集るのだ。

『人の集まるところに利益あり』と言うことだ。

 

「プレゼンス モチベーター 野口秀一」は、なぜ「自分の本質と向き合う事」をそれ程までに重要視するのか?
お金を稼ぐ事と、自分と向き合う事とは、いったいどの様な関係性があるのだろうか?

私は「自分自身では気づいていない、心の奥底にある本心にこそ、その人の本当の価値が存在する」と確信している。

そして、「その価値こそが個人ブランドの本質であり、自分の本質を知る事こそが、ビジネスで成功する最も重要なコア
になる」と言うことを経験的に知っているからだ。

 

ビジネス業界は、方法論ばかりに目を向けがちだが本当に明確にするべきことは、知識やノウハウだけではない。
なぜなら、『知識、技術そしてノウハウは時代の変遷とともに常に陳腐化する』からだ。

自分の中に眠っている心の本音を解き放ち、隠された翼を羽ばたかせる。』

いかなる業界でも、個人として成功を勝ち取るためには、本来の自分に 従うことが、自分自身を輝かせる
ことにつながる。その輝きが、結果としてクライアントが求めている価値を提供するものだと考えるのだ。


今こそ本来の自分を解放すべき時である。』

本当の自分を知った人の力は計り知れない。

私は2003年から『ビジネス意識』と『ビジネス技術』の開発理念を主軸とする人材能力開発コンサルティング会社を
経営している。

大企業を中心とした企業100社、延べ6万人超にも及ぶビジネスパーソンに研修を実施してきた。
現在もなおサラリーマンは基より、起業家や個人事業主に対しても、仕事に必要な姿勢を生み出す「マインド・セット」
と効果的な仕事をするための「ビジネス・スキル」を提供し続けている。

 

しかし、これまで、多くの企業を訪れ、人材育成に携わる中で最も強く思った事がある。

それは、「研修を受けている人の9割が闊達さを失っている」という事。

研修やトレーニングを受けているほとんどの人材が、目の輝きを
失っているのだ。

しかも、深刻なことは、彼ら自身が、そんな自分の状態に気づいて
いないと言うことだ。

 

これは、サラリーマン、起業家、個人事業主を問わず、ビジネスが上手くいっていない人達全てに
共通する重大な問題である事に気づいたのだ。

 

最も重要視しなければならない解決課題は、自らが自分の本心がどこにあるかを理解していないという事だ。

本心に従った仕事とは、本気で仕事をする事である。一生懸命だけではなく、心からやりたいこと、

心から人や世の中のために貢献したいと言う強い願望を持って臨む自覚に裏打ちされたプロフェッショナリティ
が求められる。

 

当然ながら、

『本気の仕事は「価値」を生み出す可能性はく、クライアントはそのような人を潜在的に察知できる能力を
持っている』と言える。

 

自分の本心を知る事で、ビジネスに対する「本気度合い」を見出す事ができるのである。その時初めて、稼げる
ビジネスマインドが開花するのである。私の講義やコンサルティングを受けた受講生達が自分の本心や願望に
気づいた瞬間に目の輝きを取り戻し、ビジネスに対する「本気度合い」を見出した姿を見た時、私は毎回こう思う。

 

「本当の自分を知った人の力は、計り知れない」

そして、


「更に、隠された本質にも目を向け、より多くの人を自己実現へ導いて行きたい。」
・・・と。

 

受講風景④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼自分の本質を探し、ブレないセルフブランドを確立する。
ブランディングエキスパート 野口秀一

 

 

 

情報社会の現代、インターネットで知りたいキーワードを叩けば瞬時に多くの情報を入手する事が可能である。

しかし、画面の上から得られる情報と言えばノウハウを羅列した膨大な文字の塊ばかりであり、

飽和状態のそのノウハウ達は、時計の秒針が進むに連れて瞬時に陳腐化してしまうものである事は事実否めない。

 

そして、残念ながらその情報・ノウハウ達は、                                              イフェクト②

多くの人達が本当に求めているはずの人生を謳歌するために

必要な「仕事」の成功には導いてくれない。

 

では、人生を謳歌させ、仕事の成功を勝ち取るために必要な事とはいったい何なのか?

 

 

 

多くの人材育成、能力開発に関わって来た私が導き出した答えは

「個人の力」であるという事だ。

 

輝いている本気の大人達が沢山いた団塊の世代。

その時代を生きた人達が持っていたのは、

溢れ出す活気や情熱であった。

 

皆がそれぞれ自分の価値を知っており、

自身の夢や目標に誰よりも貪欲であったのだ。

 

その人の本質と存在価値を見出す事に重きを置いた

私の能力開発プログラムは、個人を変えるという意味で

も日本でトップクラスの実績を持っている。

 

今、次代に生きる人達に是非とも自分の価値を最大限に発揮した仕事で成功してもらいたい…

あなたが存在する限り、必要とする人が絶対にいることを信じて!

TOP